和顏愛語 と 報恩感謝  by ぜんちゃん

アクセスカウンタ

zoom RSS 平成7年1月17日(火)に発生した阪神・淡路大震災から、明日で16年経ちます!

<<   作成日時 : 2011/01/16 23:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1995年(平成7年)1月17日(火)に発生した阪神・淡路大震災から、明日で16年が経過します。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%AA%E7%A5%9E%E3%83%BB%E6%B7%A1%E8%B7%AF%E5%A4%A7%E9%9C%87%E7%81%BD

画像


画像


画像


阪神・淡路大震災(当初は兵庫県南部地震、一般的には阪神大震災と呼ばれています)は、1995年(平成7年)1月17日午前5時46分52秒(日本時間=UTC+9)、淡路島北部沖の明石海峡(北緯34度35.9分、東経135度2.1分、深さ16km)を震源として発生したM7.3の大地震です。

被害者は、死者:6,434名、行方不明者:3名、負傷者:43,792名(うち重傷者は兵庫県内10,494名・県外189名)と公表されていますが、兵庫県内の負傷者数は混乱の中、正確には数えることができなかったと推定されます。

また、避難人数:30万名以上、住家被害:全壊104,906棟・半壊144,274棟(全半壊合計249,180棟で約46万世帯)・一部損壊390,506棟、火災被害:住家全焼6,148棟・罹災世帯9,017世帯、その他被害:道路10,069箇所・橋梁320箇所・河川430箇所・崖崩れ378箇所で、被害総額: 約10兆円規模の本当に大変な自然災害でした。


私自身も、当時は神戸市東灘区住吉山手2丁目にあった住吉グリーンハウスの1階に住んでいました。

5時46分、体が下から上に突き上げられるようにしてエビぞり状態になった直後に、枕元に29インチブラウン管テレビが降ってきたところから始まりました。

幸い、住んでいたマンションそのものは一部損壊ですみ、家族(妻と子の2人)も無事でしたが、マンションのすぐ東側に借りていた駐車場で私のクルマ(ニホンフォードテルスター)が大家さん宅の大きな庭石の下敷きになりました。たぶん身代わりになってくれたんだと思います。

3月に完成予定だった神戸市灘区六甲台町の購入マンション(ロイヤル六甲 山の手)も7月末に完成してから転居しましたが、転居するまでは余震というか地震の記憶からかぐっすり眠ることが出来ませんでした。

その後、岐阜→名古屋→金沢(名古屋・川崎)→岐阜(川崎)と仕事等の関係から転居していますが、今でもあの時のことは鮮明に覚えています。

阪神・淡路大震災を通じて、本当にいろいろな経験をさせていただきましたが、自分の中でも何かが変化した気がしています。

天災は、忘れた頃にやってきます。記憶を風化させることなく、言い伝え続けていくことが必要だと思います。


被害に遭われた方のご冥福をお祈り申し上げますとともに、残されたご家族が幸せな生活を送れますことを祈念しております。



P.S.
現在、購入したマンションは、3月に賃貸人の方が転居されてから空いていますが、早く入居される方が現れますように!




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
平成7年1月17日(火)に発生した阪神・淡路大震災から、明日で16年経ちます! 和顏愛語 と 報恩感謝  by ぜんちゃん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる