映画 『テルマエ・ロマエ』を観て来ました。

5月3日(木) 映画 『テルマエ・ロマエ』を観て来ました。

とても面白くて、映画が始まってから終わるまでずっと笑っていたような気がします。時には大声で(笑)


映画『テルマエ・ロマエ』

【公開】2012年4月28日 【製作国】日本 【上映時間】108分 【配給】東宝
【監督】武内英樹
【原作】ヤマザキマリ
【脚本】武藤将吾 【音楽】住友紀人
【出演】阿部寛・上戸彩・北村一輝・竹内力・宍戸開・笹野高史・市村正親 他

画像


【ストーリー】
 古代ローマ帝国の浴場設計技師が現代日本の銭湯にタイムスリップしてしまう、ヤマザキマリの人気コミックを実写映画化。
・舞台はハドリアヌス帝時代、西暦130年代の古代ローマ。
アイデアが行き詰まり失業した浴場設計技師のルシウス(阿部寛)は、友人に誘われた公衆浴場でタイムスリップしてしまう。
 たどり着いた場所は、何と日本の銭湯。
 そこには「平たい顔族=日本人」がいて、彼は漫画家志望の真実(上戸彩)と出会う。
 ルシウスは日本の風呂の文化に感銘を受け、そこで浮かんだアイデアを古代ローマに持ち帰り一躍有名になっていく、、、。
 
※ローマ皇帝 ハドリアヌスに、ケイオニウス(カエサル)に、アントニヌスと歴史上有名な登場人物を、市村正親、北村一輝、宍戸開という日本屈指の顔の濃い役者陣が演じるとともに、古代ローマと現代日本、時空を越えて異文化交流を繰り広げる主人公ルシウスを阿部寛が妙演、さらには、 漫画家志望のヒロインに上戸彩がふんする等、この映画、久しぶりに映画館で観た映画ですが、本当に面白かったです。

 皆さんにも是非お奨めしたい映画です。




古代ローマ帝国トラベルガイド
創元社
レイ・ローレンス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 古代ローマ帝国トラベルガイド の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック